Q1住宅は子供達の未来を作る

こんにちは 自然工房の熊田です

今年は梅雨入りしてからあまり雨が降らずいい天気が続き今日も気持ちの良い空が広がっています

でも反動が少し怖いですね これから梅雨明けにかけて大雨が心配されます

 

異常気象と災害が増加している

最近今までに経験したことのない大雨が増えています。

また昨年は台風が東北地方や北海道に始めて東側から上陸し大きな被害が出ました。

北海道産のジャガイモの収穫が減り有名なポテトチップスも生産中止になりました

また日本近辺で900hPaを切る大型台風が発生しています。

H25年の台風30号は 最大勢力895hPa 最大瞬間風速90m 伊勢湾台風に次ぐ大きさの

台風で フィリピンのレイテ島に上陸し津波のような大潮に町が破壊されました

風速90mの風が吹くと残念ながら新築住宅でも破壊されてしまいます

住宅用サッシは一般に約50mくらいの風までしか耐えられません

気候変動により海水温が上昇し海からの水の蒸発が多くなったためスーパー台風が

発生しやすく海流の変化で気候が変わり異常気象がおきています

これからは 自分や家族はいつ どこでも被害者になる可能性が高まっているのです

 

 

原因は地球の温暖化(気候変動に関する政府間パネル(IPCC)

私たちが普段消費している電気やガス、ガソリン等のエネルギーのほとんどは化石燃料由来です

地球が長い時間をかけて二酸化炭素を地下に固定化したものを地上に掘り出して燃やす為

大気中の二酸化炭素が増え そのガスがお布団のように地球外への放熱を減らす効果となり 気温が上昇するのです

そうして産業革命以後 地球の平均気温は今までに約1℃上がったと言われています

たった 僅か1℃の上昇で現在の異常気象が起きているのです

今私たちが このまま二酸化炭素の排出を減らさないでいくと

なんと2100年には4~5℃も 上昇すると言われています

今までの4~5倍も気温が上昇する と 異常も現在の4~5倍になるのでしょうか!?

考えるだけで恐ろしくなりませんか

子供達の未来は今の私たちの行動、生活にかかっているのです

参考:http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/ipcc/ar5/index.html

 

 

COP21で「パリ協定」が成立!(2016年11月)

昨年11月世界196か国が参加しパリ協定が採択されました

「2100年までに温暖化ガスの排出を0以下にして地球の平均気温の上昇を2度以下に(できれば1.5度)押さえる事」

を目標に2020年から行動することが決定し世界は脱化石燃料に向かい大きく舵をとったのです

二酸化炭素等の排出を減らさないと人類の生存に関わる大きな問題になるのです

世界は温暖化の事実を認め世界規模でこの問題解決に向かうこととなったのです

日本は2013年比で2030年に25%の削減、2050年には80%の削減を目標に動き始めました

しかし現在の各国の削減案が100%実行されても温度上昇は2度を超えてまう為

5年ごとに厳しい方へ見直していくことになりました

お金がいくらあっても 気候変動を止めないと誰も幸福になれないということです

化石燃料を極力消費しない社会を実現しないと子供達に未来はないのではないです

代替エネルギーに代わるまでまず徹底した省エネルギーが大切なのです

できれば危険な原発でなく自然エネルギー中心の安全な社会にしたいですね

参考:http://www.wwf.or.jp/activities/2015/12/1298413.html

2100年は遠い未来?

「何っ?2100年?その頃には私はもう生きていないよ! 先の先の話だなあ」という声が聞こえます

でも 家造りを考えておられるあなたに 今年2017年に赤ちゃんが誕生したとすると

その子供が平均年齢約80年を生きたとすると その頃は何年になりますか?

2017+80=2097年ですね

そうなんです! 最近生まれた子供達が人生を終えようとする頃の話なんです

2100年は遠い遠い未来ではなく 私たちの子供達の未来なのです

未来の子供達の幸福につながる家造り Q1住宅

新住協のメンバーは 自分や家族の未来の安心、安全、幸福のために

Q1住宅で 徹底した省エネルギー化を実現しようというメンバーの集団です

低炭素社会づくりを通して社会貢献を目指す団体です

可能な限り 省エネルギーを徹底したQ1住宅を提案します

省エネルギーは創エネと同じです。

1をマイナスすることは 1をプラスすることは同じ効果が得られます

プラスするのに別エネルギーを費やさないので それ以上の効果があるのです

まず徹底した省エネルギーがこれからの住まいづくりには大切なのです

お金も受けが目的の中途半端な省エネしかしていないZEHに

騙されないように 気を付けてくださいね

 

 

高性能Q1住宅はすごい

Q1住宅は

夏も冬も家中 とても快適に住め

楽して 気候変動をSTOPし

お年寄りや赤ちゃん、家族の健康にすごく良く

そして とても低燃費

これからの家造りの基本はこうでなくてはいけない 

と思いませんか

Q1住宅の詳細をぜひ知ってください

住まい造りの本当に大切な事は何かを ぜひ見つけてください

失敗、間違いの無い住まい造りをしてください

 

お伝えしたい事が多すぎて なかなか伝えることがむずかしいのですが

このコラムや自然工房のホームページもご参考ください

http://www.sizenkobo.com/index.html

 

 


家づくりのプロに質問する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自然工房熊田得男

関西で初めてQ1住宅をつくり 家族の夢を叶え低燃費幸福住宅づくりに力を入れSTOP温暖化なしには誰も幸福になれないと頑張る建築屋のコラム