知らない間に脱水症 熱中症!

高断熱住宅では温度に変化が無くヒートショック等にはなりにくくなってます。
特に高齢者になると暑さ、寒さに対応する能力も低くなると言われています。
暑さに関してですが高齢者は発汗調整機能が低下します。

人は汗をかいて体温調整をしますが高齢者になると汗が出にくくなり家の中でも脱水症にもなります。
室温が28℃湿度70%以上になるとエアコン等による温度調整が必要になります。
こまめな水分補給と温度調整が脱水症を未然に防ぎ家の中での熱中症防止にもなります。
そうなると気になるのは光熱費になってきます。

やはりここでも高断熱化された住宅では24時間家の中ですべてで冷暖房してもそこまで気になる程の電気代にはなりません。
Q1住宅では室温28℃以下湿度70%以下で約120㎡の住宅で年間の冷房にかかる電気代が24時間全館冷房をしても12,000円です。(平成29年度電気料金)
子供、赤ちゃんも脱水症になりやすいです。

知らない間に脱水症や熱中症にならないためにもQ1住宅はお勧めです。

EVENT INFO

関連情報

COLUMN MENU

Q1住宅の他のコラムも見る