高断熱住宅 断熱材はどれが最強?

断熱材は多く、メーカや業者さんがそれぞれ自社のいい点を並べています。
施主さまは勉強すればするほど混乱に陥りますよね。
いくら断熱をしても、熱は断熱材を通過し必ず逃げていきます。
ただ、断熱材の種類と厚みで逃げる程度が違います。
断熱で住み心地や光熱費に影響をおよぼしますので、家全体のコストに対する比率が小さいので、できるだけいい物を使うべきです。

断熱材はどれが最強の写真です

断熱材はどれが最強

高断熱住宅をつくる上で、断熱性能を比較する術の一つ、Rという数値(熱抵抗値)を使うととても簡単、きわめて有効です。
1/(熱伝導率/材料の厚さ)=材料の厚さ[m]/熱伝導率[W/(m・K)] で求められます。
この値が大きいほど、熱が伝わりにくい、断熱性能が高いということです。
断熱材の熱伝導率数値がいいから断熱性能が高いという事ではなく、厚さも重要なんです。
R値を理解すれば自分の判断と責任のもと高断熱住宅の家作りを考えられます。

EVENT INFO

2019080411arbrehome

兵庫県たつの市に期間限定モデルハウス!

2019年9月末日まで!ADHOUSEさんのモデルハウスが期間限定オープンしています。
じっくりと見て体験できる機会です。
ぜひお気軽にご予約ください!!

関連情報

COLUMN MENU

Q1住宅の他のコラムも見る