どちらも欠けてはいけない断熱と気密

セイチョーの今西です。

「うちの断熱材は分厚い凄いのを工務店さんに入れてもらったのよ」

こんな事を言っておられる方によく出会います。

確かに薄い断熱材より分厚い断熱材の方がいいと思いますが、その方に

「気密測定はその工務店さんされてましたか?」

と尋ねるとほとんどの方がそれなんですか?と答えられます。

気密性能とは、家の隙間の小ささを表す性能の事でC値という数値で表します。

気密測定風景です。

工務店さんによっては

家を気密するとよくない

木は呼吸していて、隙間をなくすと息が出来なくなり家の寿命を短くする

こんな感覚で、断熱は入れるが気密化はしない工務店さんがいるのが現状です。

本来断熱材は空気を閉じ込めてその性能を確保しています。いくら断熱材がしっかり充填されていても、隙間が多くある家では空気が移動するのでその性能を確保するのは難しくなります。

また換気計画にも影響を与えます。

例えば、トイレの窓を開けて換気扇を回しても、その周辺しか綺麗な空気が入ってこないと言われています。気密性能がある家が息苦しなるのではなく、かえって隙間がある家の方が新鮮な空気が入ってこないので息苦しくなるのです。気密性能がよければ計画的に換気する事が可能になります。

断熱性能を確保するには気密性能も確保しないと、快適な住宅にはなりません。

新築を計画中の方は必ず、断熱材の種類で差別化している工務店だけで決めるのではなく、気密性能はいくらくらいになりますかとお尋ね下さい。それが快適な住環境につながります。


家づくりのプロに質問する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社セイチョー今西正長

京都で一生心地よく暮らせる家を建てています。おばあちゃん子の私の経験を最大限に生かした家づくりを行っております。