暮らしの箱の衣替え

早いもので、もう6月。

今年がはじまってとうとう半分を迎えようとしている。

ついこの前までは寒い寒いと嘆いていたにも関わらず、もう真夏日が記録される季節までやってきた。

冬の間、どうやって寒気を入れまいか考えていた開口部も、開け放たれた窓からは外の気持ち良い空気が行き来する。

家は、このような四季の移り変わりの中、当然シェルターとしての役割は大きいが、

もちろんそれだけではもったいない。

いつもの暮らしのなかで、自分の好きな使い方を考えてみよう。

最近、私が設置したのは、なんとDJブース!

いえいえ、昔DJやってましたなんてことはないんですが、

暮らしの中に音楽があると、すこし豊かな気分になるなと気づいたこともあり、ちょっとトライしてみました。

そう、最近では、Wifiさえ飛んでいれば、YOUTUBEやiTunesから、好きな音楽を聴くことができますよね。

食事の時、掃除の時、本を読むとき、平日も、休日も、いろんなシチュエーションに合わせて、音楽をかけてみる。

もちろん、ノリノリの音楽もいいですよね。

いつもの家の風景が、少し違った角度から見えてくる。

そして、その空間の中にいると、いつもと違う自分に出逢えたり、家族の暮らしを客観的に見ることができたり。

気分を入れ替えて、新しい季節に備えます。

新しい季節の衣類も、

畑からはこの季節にしかない食物も、

そして、四季の中の箱としての住居も。

さあ、暮らしの箱の衣替えです。

 


家づくりのプロに質問する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

西紋一級建築士事務所西 恭利

設計事務所から、ハウスメーカー、地元ビルダーとめぐってきました。 会社の取り組み、仕組み、仕事、自分の中でも大好きでした。 これまで担当させていただいた物件は新築から大型リフォームまで幅広く。 そんな中で、最終的には自分の建築的な考えを世に問いたい、 これからの社会に貢献する技術者をめざします。